介護うつのチェック方法とは

「介護うつ」で悩んでいる人は、年々増加傾向にあります。高齢化が進み、介護が長期化していることが1つの原因ではないかと考えられています。

 

また、「介護は家でするもの」というプレッシャーもあるのだと思います。

 

「介護うつ」の厄介なところは、

 

  • 本人が自覚していないこともある
  • うつの原因となっている「介護」をやめることはできない

 

という点にあると思います。

 

つまり、自覚していないだけで自分が「介護うつ」の状態であることもあるのです。

 

では、どのような症状があると「介護うつ」の可能性があるのでしょうか。
そのチェック方法をご紹介します。

 

  • 人と会うのが億劫
  • 声が小さくなったと言われる
  • 無性にイライラする
  • 何をしても楽しくない
  • 悲観的なことを考える
  • やる気が出なくて仕事がはかどらない
  • 寝付きが悪くなった
  • ひどく疲れている
  • 食欲低下または過食
  • 頭痛、目眩など原因不明の不調がある

 

介護をしている人で、上記に当てはまる症状はありますか?
ここで紹介したのはあくまでも一例です。

 

当てはまる項目が多ければ多いほど、「ストレスがたまっている」ということになります。

 

介護うつの主な原因は、介護疲れによるストレスです。

 

しかし、ストレスがあると自覚しても、介護を終わらすことはできません。
そこで1つの方法として「有料老人ホーム」があります。

 

介護を投げ出すようで嫌だと思う人もいるかもしれませんが、
自分が体調を崩したのでは介護もままなりませんよね。

 

まずは有料老人ホームの資料請求をして、どんなところなのか、を見てみると良いと思います。

 

「介護うつ」は決して他人事ではありません。
体調を崩して取り返しがつかなくなる前に、有料老人ホームを検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめは、全施設の空室数がリアルタイムで分かる介護施設検索ポータルサイト「みんなの介護」です。
老人ホームの種類や費用、口コミ・評判も詳しく紹介されていますよ!

 

老人ホーム取扱い物件数No.1 「みんなの介護」の公式サイトはこちら