介護うつの治療法について

「介護うつ」という言葉を聞いたことがあると思います。メディアなどでもたくさん取り上げられているので、詳しくは知らなくても言葉くらいは知っているという人が多いのではないでしょうか。

 

「介護うつ」は、介護者が患ううつ病のことです。介護をしていない人と比べて、介護者はおよそ3倍もうつ病になりやすいと言われています。

 

介護は終わりが見えないだけでなく、介護そのものが重労働と言わざるをえません。つまり、介護をしている人なら、いつ介護うつを発症するか分からないのです。

 

では、実際に「介護うつ」を患ってしまったら、どのように治療するのでしょうか。今回は「介護うつの治療法」についてお話ししたいと思います。

 

介護に疲れたと感じたとき、症状はあるものの日常生活は送れているなら「心療内科」、
身の回りのことができず死にたいとさえ思うようになったら「精神科」の管轄になります。

 

介護うつを治療する1番の方法は、「ストレスをなくす」ということです。
ここでいうストレスとは、介護のことです。しかし介護は簡単に辞めることはできません。

 

介護うつを治療するために、「心と体を休める」ことは必須です。
介護は回りの人に協力してもらい、自分の負担を少なくしましょう。

 

抗うつ薬の効果は、飲み始めてから2週間ほどしてから現れます。
すぐには効果は出ないので注意しましょう。

 

うつ病レベルが軽症なら1〜3ヶ月、中度以上なら半年以上の時間を治療に要します。

 

「介護うつ」になってから治療するのはとても大変なので、
できることなら「介護うつ」になる前に何か対策をしたいものです。

 

介護に疲れたら、有料老人ホームも1つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。
介護うつになってしまっては、思うような介護はできません。

 

まずは有料老人ホームの資料請求をしてみましょう。
たくさんあるホームの中で、サービス内容や料金などを比較して検討してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめは、全施設の空室数がリアルタイムで分かる介護施設検索ポータルサイト「みんなの介護」です。
老人ホームの種類や費用、口コミ・評判も詳しく紹介されていますよ!

 

老人ホーム取扱い物件数No.1 「みんなの介護」の公式サイトはこちら