介護に疲れたら…

日本では長寿化が進み、「高齢化社会」となっています。最近メディアでも「介護」の問題は度々話題になっていますね。というのも、介護される側も介護する側も、どちらも「高齢化」が進んでいるためです。

 

介護は精神的にも肉体的にも、かなりの負担を生じます。今回は、「介護に疲れたら」どうしたら良いのか?その方法についてお話ししたいと思います。

 

一般的に、自宅で介護をする場合、その対象となるのは
自分の両親や義両親であることが多いです。

 

どうしても夫には仕事がある場合が多いですから、介護は必然的に
「妻の仕事」となることが多いです。

 

しかし、介護を「自分だけの仕事」だと思うのはやめましょう。
介護は、家族で分担しなければなりません。

 

どんなに張り切って介護に臨んだ人でも、いずれ限界はやってきます。
介護は終わりの見えない、長い長いトンネルのようなものです。

 

しかも在宅介護の場合は24時間年中無休で行わなければなりませんから、
介護者の負担はかなりのものになることでしょう。

 

介護に疲れたなぁと感じたら、気分転換をすることが大切です。
介護をしていると、24時間気が休まるときがありません。

 

それでは精神的に参ってしまうのは時間の問題です。

 

ですから、時には家族に介護を任せたり、デイサービスなどを利用するのも良いでしょう。
悩みや愚痴を溜め込む前に、誰かに話を聞いてもらえると良いですね。

 

気の知れた友人などに話を聞いてもらうと、それだけで少しは気楽になるものです。

 

介護に疲れて、もうどうしようもない…というところまで来てしまったら、
「有料老人ホーム」への入居も視野に入れてみましょう。

 

まずはどんなところがあるのか、資料請求をしてみましょう。

 

おすすめは、全施設の空室数がリアルタイムで分かる介護施設検索ポータルサイト「みんなの介護」です。
老人ホームの種類や費用、口コミ・評判も詳しく紹介されていますよ!

 

老人ホーム取扱い物件数No.1 「みんなの介護」の公式サイトはこちら