介護疲れの対策について

今、「介護疲れ」は社会問題とも言える大きな問題となっています。高齢化に伴い、介護を必要とする人は年々増加しています。

 

そして、長寿はとても素晴らしいことですが、それは即ち「介護が長期化する」ということでもあるのです。

 

初めは張り切って介護に積極的だったとしても、それが5年10年と続くのです。正直なところ、疲れないはずがありません。

 

なぜなら、介護は仕事と違って休みがなく、24時間365日働きづめの状態だからです。
在宅介護の場合は特に、気の休まるときがありません。

 

これは相当大変なことです。どんなに健康な人であっても、間違いなく限界が来ると思います。
では、「介護疲れ」にならないためにはどのような対策をとれば良いのでしょうか。

 

介護なんてまだ関係ないと思っている人も、
この高齢化社会ではいつ我が身に降りかかるか分かりませんよ。

 

「疲れない介護」をするために、介護は家族で分担して行いましょう。
1人の介護をするのに、1.5人の介護者が必要とも言われているのです。

 

家族が非協力的な場合や協力を頼める家族が近くにいないときは、
様々なサービスを利用することも視野に入れてみてください。

 

自分の時間を作るためにデイサービスを利用するのも良いでしょう。
毎日毎日介護だけを行っていては、どうしてもイライラしてしまいます。

 

「疲れない介護」のために、有料老人ホームも1つの選択肢として考えてみましょう。
最近はたくさんの有料老人ホームがありますね。

 

サービス内容や料金などを検討するために、有料老人ホームの資料請求をしてみてはいかがでしょうか。
介護に疲れて限界だと感じたときのために、お守り代わりに資料請求しておくのも1つの方法だと思います。

 

おすすめは、全施設の空室数がリアルタイムで分かる介護施設検索ポータルサイト「みんなの介護」です。
老人ホームの種類や費用、口コミ・評判も詳しく紹介されていますよ!

 

老人ホーム取扱い物件数No.1 「みんなの介護」の公式サイトはこちら